明治「R―1」急きょ“元号またぎCM”制作!4・30→5・1吉田沙保里&大森南朋で2部作全国放映

[ 2019年4月30日 15:30 ]

明治が急きょ「明治プロビオヨーグルトR―1」の史上初の“元号またぎCM”を制作。紐を持つ大森南朋と吉田沙保里
Photo By 提供写真

 大手食品会社の明治(東京都中央区)が4月30日から5月1日にかけて「明治プロビオヨーグルトR―1」の史上初となる“元号またぎCM”を放映することが分かった。

 今月1日に新元号が発表されるや「R―1」が「令和元年」と話題になったことから急きょCMを制作。平成最後のCM枠と令和最初のCM枠を活用し、CMキャラクターを務める元レスリング世界女王の吉田沙保里(36)と俳優の大森南朋(47)がナビゲーターとなり、 平成から令和に変わる瞬間を「R―1」とともに祝う。

 4月30日夜に「もうすぐR―1篇」、5月1日午前0時以降に「いまからR―1篇」の前後編2部作として全国で放映される。

 「R―1」の「体調第一家族」シリーズで約2年にわたって夫婦役で共演している2人とあり、CM撮影中、息はピッタリ。撮影の合間に談笑したり、吉田の髪についた紙吹雪を大森が取ってあげるなど、 終始和やかなムードで進んだ。

 前編「もうすぐR―1篇」は来たる新しい時代に向けてドレスアップした吉田と大森が登場。平成の終わりに思いを巡らす中、 突然頭上から紐が垂れ下がり、顔を見合わせて紐を握った2人の「いよいよ、もうすぐR―1」というナレーションでCMは締まる。新時代、次のCMへの期待感が高まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年4月30日のニュース