香取慎吾「10年分の髪の毛を取っておいた」 自毛を使った「黒うさぎ」に

[ 2019年4月30日 11:54 ]

香取慎吾
Photo By スポニチ

  俳優の香取慎吾が27日放送のTBS「人生最高レストラン」(土曜後11・30)で、アート作品に対する独特のこだわりを見せた。

 香取はアーティストとしても、さまざまな有名ブランドや企業とのコラボで人気。絵を好きになったきっかけについては、「小学校の頃、ちょっと変わった絵を描いてほかの生徒から『なにそれ?』って言われた時に、図工の先生が『絵は自由でいいんだよ。いい絵だね』って褒めてくれたのが強烈に覚えていて」と振り返った。「これを描こうとして描く絵はないんですよ。描き始めたら始まる。描きたい。色は選ばないです」と独特の感性をにじませた。

 3月には個展を国内初開催。その中には、10年前に自身が生み出したキャラクター「黒うさぎ」の作品も披露している。仕上げには自毛を使用したそうで「“いつか何かのために”と思って10年分ぐらいの(自分の)髪の毛を取っておいたんですよ」と明かし、番組では実際に作品を創り上げていく映像を公開した。

 ゲストの勝俣州和(54)は「オンリーワンの絵になるよね」と評価し、宇賀神メグアナウンサー(22)は「うさぎ大好きなので見に行きたいです」と目を輝かせていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年4月30日のニュース