指原莉乃、松ちゃんに感謝 卒コンのサプライズ参加振り返り「聞いたことない種類の歓声でした」

[ 2019年4月30日 15:39 ]

HKT48指原莉乃の卒業コンサートに故内田裕也さんに扮した松本人志が登場。ステージを盛り上げた
Photo By スポニチ

 28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを行い、11年間のアイドル活動に終止符を打った指原莉乃(26)が29日、自身のツイッターを更新。プライズ演出で卒コンに参加したお笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)に感謝した。

 アイドル活動の集大成となった卒業コンサート後半。3月に亡くなったロック歌手の内田裕也さんとのコラボ曲「シェキナベイベー」で、最初はミュージックビデオの裕也さんの声と一緒に歌っていたが、途中からステージに裕也さんの扮装をした松本が登場した。

 超サプライズ演出に会場の3万800人はこの日最高の大歓声。松本は「裕也さん、コイツ(指原)にやれ!と言われました。悪いヤツなんですよ」と天国に向かって弁明しつつ、ノリノリで歌唱。指原に「よく頑張った。このずぶとさはこれからも期待できるし、オレの卒業の時も来てね」と冗談交じりにエールを送った。

 30日のツイッターで指原は「『シェキナベイベー』を松本さんと歌いました…!すごすぎてお客さんも動揺したのか聞いたことない種類の歓声でした」と会場の異様な盛り上がりを振り返った。

 「“俺の卒業の時も来てな”とMCで約束しましたのでダウンタウンさんから卒業する際は必ず!←冗談です」と続けてから「本当にありがとうございました! 」と松本に感謝した。ツイッターでは「そして裕也さん、ずっと歌い続けます!」と天国の内田さんにもメッセージを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2019年4月30日のニュース