人気コスプレーヤーえなこ 写真集で驚異の「1日1000万円」胸の谷間の秘密も告白

[ 2019年4月30日 11:27 ]

人気コスプレーヤー・えなこ
Photo By スポニチ

 人気コスプレーヤー・えなこ(25)が29日放送のMBS「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)に出演。自費出版の写真集の1日の売り上げ額を明かし、MCの明石家さんま(63)らを仰天させる場面があった。

 アニメなど同人誌を即売する一大イベント「コミックマーケット(コミケ)」ではアイドル顔負けの人気を誇り、“コスプレ界のレジェンド”とも呼ばれている、えなこ。この日は胸元が丸く開き、胸の谷間が大きく露出したコスプレで登場した。あまりのセクシーな姿に、さんまが思わず「俺、胸見てんの」と白状したが、それでも「これ偽物なんです。シリコンで作られていて、いくら見られても触られても大丈夫です」と語り、さんまにお触りさせるサービスも。

 そんな、えなこが主張したのは「趣味だけで生きていける」。趣味の一環で自主制作の写真集を制作し、コミケで1500円~2500円で販売しているが「多い時には売り上げが1日1000万円」とぶっちゃけ。「これは最近の話で、ずっと稼げていたわけじゃない」というものの、3月末には大手出版社によるメジャー写真集を発表するまでになり「コスプレーヤーとしては夢みたいなこと。趣味を続けていれば、もしかしたら、それで生きていけるかもしれませんよ」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月30日のニュース