加藤浩次 ギネス世界記録更新で大興奮「うまいね、この人」

[ 2019年4月30日 09:26 ]

加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が30日、日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜・前8時)で「1分間でバトミントンシャトルを箸で最も多くキャッチした数」のギネス記録を更新した。

 番組ではこの1週間、「ギネス世界記録に挑戦ウィーク」としてさまざまな競技のギネス世界記録に挑んでいる。29日は「1分間でバトミントンシャトルを箸で最も多くキャッチした数」に挑戦。制限時間1分間で、2人1組で行い、打たれたシャトルを箸でつかみ箱に入れるというもの。加藤は昨年も同競技に元バトミントン日本代表の潮田玲子(35)とのペアで挑戦し、当時のギネス世界記録を上回る28個を記録し、見事世界記録を更新した。

 今回はその後、記録を塗り替えられた42個のギネス世界記録の更新に挑んだ。今回のペアはバトミントン指導員の西村有貴氏。1度目のチャレンジでは、箱の奥に10個以上こぼれてしまったこともあり、記録は36個と伸びず。加藤は「箱からもれているのが悔しいね。(チャレンジは)3回できるんじゃないの?」と悔しさをにじませると、急きょスタッフが箱を深めに改造。エンディングで再チャレンジすると、箱が事前承認がされていないため、記録は暫定となったものの、55個のシャトルが箱の中に残った。

 翌30日に、改めて自身のチャレンジ映像を見た加藤は「うまいね、この人」と自画自賛。持ち帰りの結果、公式認定員から「52個で見事、ギネス世界記録達成です!」と正式に承認を受けると、加藤は「すげー。すごい!相当更新しましたね」と大興奮。「やった!ありがとうございます!やった、やったね!」と大喜びだった。

 番組の公式ツイッターでも、「やりました!!!加藤浩次、ギネス世界記録更新です。『1分間 箸でバドミントンシャトル キャッチ』52個!!!!!ペアの西村有貴さんもおめでとうございます。ありがとうございました!」と記録更新を報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月30日のニュース