平成10大スキャンダル男性編 SMAPが10項目中4つ占める 分裂・解散、結婚、メンバー個人も

[ 2019年4月30日 10:00 ]

SMAP解散を報じるスポニチ本紙
Photo By スポニチ

 【平成の10大○○ 10】平成の30年間で世間を騒がせた数々の芸能スキャンダル。男性が主人公になったニュースを「平成10大芸能スキャンダル 男性編」として振り返ります。際立ったのはSMAP関連。分裂・解散騒動をはじめ、メンバー個人も含め10項目中4つを占めました。

 平成28年(16年)1月13日、スポニチ本紙の1面が世間に衝撃を与えた。「SMAP分裂危機」。平成を代表するトップアイドルに解散の可能性が浮上し、その真相を追う報道は連日ヒートアップ。12日間連続で1面で報じた。芸能ニュースが連続12日1面を飾るのは、本紙創刊70年で初めてのことだった。

 発端はSMAPを長年支えてきたマネジャーのジャニーズ事務所退社に伴う独立問題。退社路線だった中居正広(46)、稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)の4人に対し、木村拓哉(46)が残留路線だったことで溝が広がった。一時は収束したかにも見えたが、8月に解散を正式発表。12月末で解散した。

 平成はアイドルがマルチタレントとして活躍するようになった時代。その流れをつくったのが、昭和63年(1988年)に結成されたSMAPだ。「世界に一つだけの花」や「夜空ノムコウ」がヒットする一方、それぞれが俳優や司会、タレントとして活躍。確固たる地位を築いた。

 個人でも話題を集めた。木村は絶頂期の2000年に工藤静香(49)と電撃婚。稲垣は01年に道路交通法違反容疑で、草なぎは09年に公然わいせつ容疑でそれぞれ逮捕された。

 元TOKIOの山口達也(47)が女子高生に対する強制わいせつ事件でグループを脱退。嵐の活動休止発表も社会的なニュース。平成は“ジャニーズの時代”でもあった。

 平成後半にはASKA(61)や押尾学(40)、ピエール瀧(52)ら薬物事件が相次いだ。新時代、令和では芸能界にどんなスキャンダルが巻き起こるのだろうか。(終わり)

 【平成10大芸能スキャンダル 男性編】

 SMAP騒動(16年=平28)1月に分裂騒動が勃発。一時は収束したかにも見えたが、年末に解散。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾は事務所を退社。

 木村拓哉が工藤静香と電撃婚(00年=平12)主演ドラマが次々にヒットした絶頂期の28歳で結婚。本紙スクープで発覚し、ライブ後に緊急会見した。

 稲垣吾郎が道交法違反容疑で逮捕(01年=平13)路上駐車時に免許提示を求められたが、車を発進させて警官にケガを負わせた。5カ月間の活動休止。

 草なぎ剛公然わいせつ容疑で逮捕(09年=平21)泥酔して東京・六本木の公園で全裸になり現行犯逮捕。「裸だったら何が悪い」と警官に悪態をついた。

 嵐2020年末で活動休止(19年=平31)今年1月に2020年末での活動休止を発表。2年近く前に発表したのは、支えてくれたファンへの思いから。

 山口達也飲酒強制わいせつ(18年=平30)酒に酔って自宅マンションで女子高校生に無理やりキスなどをした。TOKIOを脱退しジャニーズも退所。

 市川海老蔵が暴行被害(10年=平22)西麻布の飲食店でトラブルになり、左頬陥没骨折などの大ケガ。約8カ月活動を自粛し、翌年7月に舞台復帰。

 島田紳助“黒い交際”(11年=平23)バラエティーの司会のほか、音楽プロデューサーとしても活躍。暴力団関係者との交友を認め、テレビ番組を全て降板して引退。その後も沖縄で生活する姿などが報じられた。

 ビートたけしバイク事故(94年=平6)酒を飲んで新宿でバイクを運転中に転倒し頭蓋骨陥没骨折。2カ月後に退院会見し、神経麻痺(まひ)で引きつった顔が衝撃的だった。

 相次ぐ薬物事件(09~2019=平21~31)09年に押尾学が合成麻薬MDMAを服用したとして逮捕。ASKAやピエール瀧ら、芸能人の薬物事件が後を絶たなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月30日のニュース