大滝詠一さん最後のライブ音源化 音楽評論家の湯浅学氏絶賛「スタジアムにスタジオを持ってきた感じ」

[ 2019年3月21日 16:13 ]

ニッポン放送「1983年夏 大滝詠一 最後のステージ」公開収録に出演した(左から)進行役の上柳昌彦、音楽評論家の能地祐子氏、音楽評論家の湯浅学氏、音楽ライターの島村文彦氏
Photo By スポニチ

 ニッポン放送の特別番組「1983年夏 大滝詠一 最後のステージ」(3月25日後6・00)の公開収録が21日、東京・有楽町の同局イマジンスタジオで行われた。

 2013年12月に65歳で亡くなったシンガー・ソングライターの大滝詠一さんの初ライブアルバム「NIAGARA CONCERT’83」の発売を記念した企画。このアルバムは、大滝さんが個人名義で出演した最後のライブ「ALL NIGHT NIPPON SUPER FES’83」(1983年7月24日 西武球場)を初めて音源化したものだ。

 公開収録した特番は同局「上柳昌彦 あさぼらけ」のパーソナリティー・上柳昌彦(61)が進行役。招待された100人が見守る中、音楽評論家の能地祐子氏、音楽評論家の湯浅学氏、音楽ライターの島村文彦氏がゲストとして登場した。

 アルバムに収録された大滝さんの「恋するカレン」「君は天然色」など名曲の数々を鑑賞。湯浅氏は「よくこれだけのクオリティーでライブを録音できたと思う。スタジアムにスタジオを持ってきた感じ」と高音質を称賛。能地氏は「照れ屋の大滝さんは、レコーディングスタジオが一番得意な場所だった。西武球場をスタジオにしちゃおうという思いだったのでは」と話した。

 このライブで大滝さんは、女優の薬師丸ひろ子(54)に提供した映画主題歌「探偵物語」(83年)を歌唱。島村氏は「映画が大ヒット中だったので、大滝さんのファン以外もこの曲を知っていた。サプライズのサービスコーナーだった」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月21日のニュース