崎山つばさ 初主演舞台へ「自分らしく」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

初主演舞台に挑む崎山つばさ
Photo By 提供写真

 俳優の崎山つばさ(29)が舞台初主演する。4月18~28日に上演される「幕末太陽傳 外伝」(日本橋・三越劇場)。1957年に公開されたフランキー堺さん主演のコメディー映画「幕末太陽傳」を舞台化したもので、映画を手掛けた川島雄三監督の生誕100周年企画として上演される。

 幕末の遊郭を舞台に、持ち前の機転でさまざまな問題を解決していく男・佐平次を演じる崎山は「プレッシャーはありますが、物語に出てくる佐平次という人間を自分らしく生きて生きて生き抜こうと思っています」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月21日のニュース