未発表曲あった 西城秀樹さん 一周忌の5月16日に追悼ボックス発売

[ 2019年3月21日 04:00 ]

追悼ボックスの写真集に収められる若かりし頃の西城秀樹さんのショット
Photo By 提供写真

 昨年5月に亡くなった歌手、西城秀樹さん(享年63)の追悼ボックス「HIDEKI UNFORGETTABLE」が一周忌の5月16日に発売されることになった。

 没後、音楽関係の新商品が出るのは初めて。レコード会社の枠を超え、活動46年間のシングルA面曲全87曲を収録。さらに未発表曲を含むボーナストラック、未公開ショットも収めた写真集、歌詞解説本なども封入される。

 未発表曲は、西城さんと親しかったシンガー・ソングライターの沢田知可子(55)が09年に作詞したクリスマスソング「遠き恋人の君」。西城さんがプライベートで制作を依頼したもので、これまでコンサートなどでも一切、披露したことがない男女のデュエット曲。西城さんのバックバンドのメンバーが作曲して、デュエット相手を務めた。誕生から10年で日の目を見ることになった。

 ボーナストラックには、93年11月のシングル「いくつもの星が流れ」のカップリング曲「LOVE SONGを永遠に」も収められる。西城さんの主催公演「ストップ・エイズコンサート」のテーマ曲として、親友の野口五郎(63)が作曲。楽曲提供をしない主義だった野口に西城さんが強引に頼んだ思い出の一曲だ。野口が昨年5月の葬儀・告別式でこのエピソードを弔辞で明かし、参列者の涙を誘った。

 CD5枚、DVD1枚に写真集なども封入される永久保存版の豪華ボックス。夫人の木本美紀さんは「皆さまが喜んでくださると、そして天国の秀樹さんも間違いなく喜んでいると確信しております」としている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月21日のニュース