「麻雀放浪記2020」公開決定 “安全策”に傾きがちな映画界 くさびを打つ一手になるか

[ 2019年3月21日 09:00 ]

ピエール瀧容疑者
Photo By スポニチ

 【記者の目】「麻雀放浪記2020」の公開決定は、全会一致が原則とされる製作委員会が主流となった今の日本映画界において異例の決断だ。

 作品に罪はないという意見が多い一方で、罪を犯した人間を表舞台に出すコンプライアンスの問題も指摘されている。しかし、映画は観客が入場料金を払って見る有料コンテンツであり、テレビや広告とは一線を画す。前売り券の払い戻しにも応じる姿勢は、東映の映画会社としての矜持(きょうじ)だろう。

 かつて映画会社が自社で製作、配給、興行を行っていた時代は、出演者に多少の不祥事があっても公開に踏み切ることがよくあった。当然、興行に影響が出ることを覚悟した上での判断で、しっかりとリスクを負っていたのだ。

 製作委員会の全会一致が前提では、臭いものにふたではないが傷を浅くするため“安全策”に傾きがちだ。今回の判断が、日本映画界にくさびを打つ一手になることを願う。(映画担当・鈴木 元)

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月21日のニュース