総額1億円超 木村文乃「ファッションショーみたいでした」

[ 2019年3月21日 05:30 ]

「大奥 最終章」の記者会見に、役柄衣装で出席した(左から)鈴木保奈美、木村文乃、小池栄子
Photo By スポニチ

 女優の木村文乃(31)が20日、都内で、主演を務めるフジテレビ開局60周年特別ドラマ「大奥 最終章」(25日後8・00)の会見に出席した。

 江戸時代の将軍家の女性たちを描く人気時代劇シリーズ「大奥」の完結作。木村は、共演の鈴木保奈美(52)、小池栄子(38)とともに、作中で使用した豪華絢爛(けんらん)な着物姿で登場。出演者の衣装の総額は1億円を超えており「私は23ポーズを着させていただきました。ファッションショーみたいでした」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年3月21日のニュース