渡辺2冠 4連勝について「中終盤でうまく指せた。それがいい結果につながった」

[ 2019年2月26日 05:30 ]

第68期王将戦7番勝負第4局第2日   久保利明王将(4敗)VS渡辺明棋王(4勝) ( 2019年2月25日    沖縄県那覇市・琉球新報本社ビル )

感想戦で対局を振り返る渡辺棋王(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

《渡辺2冠に聞く》

 ――今局を振り返って。

 「第2日を再開してすぐのあたりが、かなり手が広くて悩ましかった。お互い長考の連続になった辺りがどうなのかなと」

 ――シリーズについては?

 「結果が出たので、まずまずうまく指せたのではないかと。はい」

 ――4連勝の勝因は?

 「う〜ん(しばし考えて)中終盤でうまく指せた。それがいい結果につながったのでは」

 ――タイトル数で豊島将之2冠に並んだ。

 「まだタイトル戦(棋王戦5番勝負=現在2勝0敗)が続いているので、あまり2冠というのはないが、瞬間的にも2冠自体は久しぶり。結果を出せたのはよかったと思う」

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月26日のニュース