祖母の教えで…高橋一生 トイレ掃除の“こだわり”「最初は嫌だったんだけど、汚れは取れるんですよ」

[ 2019年2月26日 06:04 ]

俳優の高橋一生
Photo By スポニチ

 俳優の高橋一生(38)が25日、日本テレビのトークバラエティー「しゃべくり007」(月曜後10・00)に出演。誰もが驚く“こだわり”を持っていることを明かした。

 MCの「くりぃむしちゅー」上田晋也(48)にとって、高橋のこだわりは「え〜、マジっすか」というのが第一印象。クイズ形式で発表するはずだったが、勢いで「トイレを素手で洗う」と高橋が“こだわり”を口にした。

 高橋は「(素手で洗うと)汚れに届くので、スポンジとかより」と力説。「スポンジでも入るのでは?」の問いには「汚れとかの感覚(を感じる)」と回答した。「洗った後、(手が)気にならない?」と尋ねると「自分から、ね(出た物だし)…」となんら疑問を感じていないようだった。

 これは祖母の教えで始めたことらしく、「(トイレ掃除は)絶対に手でやれ」と言われていたのだとか。「最初は嫌だったんだけど、汚れは取れるんですよ」と、今では納得してやっているという。上田は「スゴいな。なかなか聞かないこだわり。それぐらい逆に“きれい好き”なのかもしれません」と感想を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月26日のニュース