新加入の西が衝撃を受けた阪神ファンの行動 SNSの1行の情報で…

[ 2019年2月26日 19:00 ]

沖縄・宜野座の阪神キャンプで対談した(左から)武井壮、阪神・西勇輝投手、藪恵壹氏
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「戦え!スポーツ内閣」(水曜後11・56)27日放送は阪神へFA移籍した西勇輝投手(28)にスポットを当てる。

 番組MCの武井壮(45)、阪神OBの藪恵壹氏(50)が沖縄・宜野座のキャンプ地を訪れ、オリックスから移籍した西に直撃インタビュー。初体験の阪神キャンプの裏側を明かした。

 西投手の阪神入団については、1月30日の同番組放送にゲスト出演した阪神・能見篤史投手(39)が「(阪神入りを決めて)いばらの道に来たな、と思いました」と発言。人気球団ならではの苦労を語った。その放送を見ていた西は「まずは自分の野球をしないと、その(いばらの)道さえも感じることさえもできないんじゃないか」と危機感をあらわにし、「まずは、自分のプレーを一年間通すことを目標にやっていきたいと思います」と力強く語った。

 だが「阪神に来て衝撃を受けたことは?」と聞かれた西は「阪神入団後に始めたSNSで『今から東京に行きます』とだけアップしたら、品川駅で降りると書いてないのに、そこにファンが待っていた」と阪神ファンの驚きの行動を披露した。

 「ファンだけでなく、キャンプ中はチームメートたちも西投手の動向を気にしているのでは?」と武井が質問。西は「実はそれが結構プレッシャーで…」とポロリ。西にはオリックス時代から続けている練習メニューがあるが、阪神にはそのメニューがなかった。阪神ナインから「どういう効果があるのか」などと質問攻め。西はそのひとつひとつに丁寧に答えたという。

 特に坂本誠志郎捕手(25)は西から何かを吸収しようと様々な質問を投げかけてくる存在で、“キャッチャーにはどんな構えをしてほしいか?”“どういう配球で攻めたいのか?”。また“好みのキャッチャーミットの色は?”と質問してきたそうだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月26日のニュース