埼玉在住・北斗晶が「翔んで埼玉」絶賛 なぜか話題は神奈川に…「ふかわさんの横浜は違う」

[ 2019年2月26日 18:30 ]

タレントの北斗晶
Photo By スポニチ

 元女子プロレスラーでタレントの北斗晶(51)が26日、TOKYO MXの「5時に夢中!」(月〜金曜後5・00)にゲストコメンテーターとして生出演。ロケットスタートを切った話題の埼玉“ディスり”映画「翔んで埼玉」を絶賛した。

 番組で「翔んで埼玉」について取り上げた際、満面に笑みを浮かべながら「早速あたし見に行ったのよ」と埼玉県吉川市在住者として映画館に足を運んだことを明かした北斗。「めっちゃ面白かった。あんなにワッと笑う映画館を見たことない」と楽しそうに語り、「ディスられてるんだけど、もう笑ってしまう。でもね、埼玉県民は心が広いから埼玉を題材にしてくれてありがとうと思ってる」と埼玉県民の懐の深さに胸を張った。

 ネタバレを警戒し「ちょっと、ひとつだけね」として挙げた埼玉県各地域の名前が書かれたのぼりが並ぶシーンでは「有名どころ、大宮とか行田とか聞いたことあるところののぼりが立ってる中で、スクリーンに“あれ?吉川立ってねえかな”とか探しちゃうわけよ。自分の市を」と楽しみ方の例も。

 そして、「あたしは吉川市というところに住んでるけど、隣が三郷市。聞いたことあるでしょ?そこはちょっと差があるというか。ここまでは舗装されてるけど、三郷だから。一歩先、吉川になったら砂利道みたいな。そういうところがあんのよ」と“自虐発言”で笑いを誘った。

 その後、埼玉以外の県について話題が“飛び火”。火曜コメンテーターを務める作家の岩下尚史氏(57)が「神奈川でマシなのは逗子、葉山だけですよ」と言い出すと、番組MCのふかわりょう(44)が「新井さんは神奈川ですよね?」と元TBSアナウンサーでタレントの新井麻希(36)に質問した。

 「神奈川、横浜です」と答えた新井が「でも、横浜も序列があって。ふかわさん横浜なんですけど、ふかわさんの横浜は違うんですよ。山なんですよ」とふかわの出身地である横浜市・綱島に触れると「私の思う横浜は京浜東北線の磯子から鶴見だけ!なんですよ」と語気を強めて言い切った。

 ここをクールに流したふかわだったが、「出身はどちらなんですか?磯子ですか?」と聞き、新井が「根岸です」と答えると「根岸のヤツはね、そういうこと気にするんですよ」とバッサリ。「細かいこと気にするんですよね。小さいこと気にするんですよ」と続け、最後は「すいません、本当に」と笑いながら次の話題へと移っていった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月26日のニュース