無冠となった久保「一から階段を上ってこの場所に戻ってきたい」

[ 2019年2月26日 05:30 ]

第68期王将戦7番勝負第4局第2日   久保利明王将(4敗)VS渡辺明棋王(4勝) ( 2019年2月25日    沖縄県那覇市・琉球新報本社ビル )

感想戦を行う久保王将(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 敗れた久保は最終盤の猛攻も「いろいろある組み合わせの中で、一つくらいいい変化があると思っていたが、全くなかった」と無念の弁だ。第1日に渡辺に指された36手目の[後・渡辺]7三桂には「重かったですね」とぽつり。

 2期守った王将のタイトルを奪われ無冠となってしまったが「今までも決して順風満帆ではなかった。また一から階段を上ってこの場所に戻ってきたい」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年2月26日のニュース