AKB元メンバーの“その後” 野呂佳代は「40歳の彼氏」告白

[ 2019年2月20日 19:18 ]

MBSテレビ「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」に出演の(左から)月亭八光、野呂佳代、丸山桂里奈、東貴博、あいはら雅一、西脇彩華、黒田有
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?」(木曜11・56)の21日放送に東貴博(49)、月亭八光(41)、野呂佳代(35)、丸山桂里奈(35)がゲスト出演。メッセンジャー・黒田有(49)、あいはら雅一(49)、アシスタントの西脇彩華(26)と「カリスマ社長の秘書」などにスポットを当てる。

 番組冒頭、初登場の西脇に黒田が「有名人の妹さんなんやんね?」と質問。西脇は「Perfumeのあ〜ちゃんの妹です。私も歌とダンス頑張っています。12年間『9nine』という4人組のグループをやっています」と答えた。「なんで9nineなの?」という質問には「元々9人だったので…」と話し、あいはらは「えらい過酷な生存競争やな〜」。SDN48時代に共演歴のある野呂は、西脇のパフォーマンスに「結構よく出来てた」と先輩らしくコメントした。

 「絶対的なカリスマ社長の秘書のストレスは大丈夫なのか」がテーマ。創業105年で年商118億円を誇る「メガネの田中」の社長秘書・川添さん。社長は一流メーカー「P&G」に勤めながら、その手腕を買われてヘッドハンティングされて40歳で代表取締役に就任したというデイミアン・ホールさん。圧倒的なカリスマ性だけでなく文化の違いもあるがそのストレスはどんなものなのか?川添さんのストレス発散法が紹介される。

 豊胸手術が高評判で年商は数十億円の「東京美容外科」院長の秘書・菊地さん。ストレス発散法に、野呂が「乱れてる。乱れてる」と大声で叫んだ。

 野呂もストレス発散法を披露するが、黒田は「野呂はうっすいアンケートを出してきたってスタッフが言ってた」。西脇のストレス発散法を聞いたメッセンジャーの2人は「ええなぁ」「かわいい」とコメントする。

 その他、AKB48をやめた元メンバーのその後の人生を調査。21歳で卒業し、野呂とM―1グランプリに出場した佐藤夏希(28)。AKB48の初代じゃんけん女王・内田眞由美(25)の現在の仕事、恋愛事情、AKB48時代と現在の収入の違いを暴露。また、野呂が「今、40歳の彼氏がいる」と告白。丸山は「落ちてる物を食べられる人が好き」と独特の恋愛観を告白した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月20日のニュース