篠田麻里子 一般男性と結婚!交際0日でプロポーズされた「一生一緒にいたいと心から思えた」

[ 2019年2月20日 18:00 ]

2013年、自身プロデュースのウエディングドレスに身を包んだ篠田麻里子
Photo By スポニチ

 元AKB48で女優の篠田麻里子(32)が20日、今月16日に一般男性と結婚したことを自身の公式ファンクラブ会員サイトで発表した。

 直筆のメッセージで報告。お相手は3歳年下で、昨年10月に出会い、初めて2人で食事をした際にプロポーズをされたという。交際前から2人とも玄米を食べて育ったことや、理想の家族像、将来像などの共通点が多く「お付き合いをしてもいないのに結婚ということを自然に意識することができました。『一生一緒にいたい』と心から思えた方です」とつづった。仕事はこれからも続けるという。

 篠田は06年1月にAKBメンバー入り。前田敦子(27)や大島優子(30)らとともに「神セブン」と呼ばれた人気メンバーとして活躍し、13年7月にAKBを卒業した。その後は女優として活躍している。元祖「神セブン」メンバーでは、前田が昨年、俳優の勝地涼(32)と結婚して以来2人目となる。

 ◆篠田 麻里子(しのだ・まりこ)1986年(昭61)3月11日、福岡県糸島市生まれの32歳。06年1月にAKBメンバー入り。11年の第2回じゃんけん大会で優勝し、シングル「上からマリコ」でセンターを務めた。AKB選抜総選挙は3位が最高。卒業後は映画「リアル鬼ごっこ」「ビジランテ」、ドラマ「水戸黄門」などに出演。現在もフジテレビ系のドラマ「後妻業」に出演している。1メートル67、血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年2月20日のニュース