“フリー女子アナは稼げる”は幻想? 真麻アナ自虐、カトパンは「私の7倍…」

[ 2019年2月20日 16:15 ]

フリーアナウンサーの高橋真麻
Photo By スポニチ

 フリーの高橋真麻アナウンサー(37)が19日放送のフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」(火曜後10・00)に出演。フリー女子アナの知られざる金銭事情を明かした。

 この日の「スナック有吉」のコーナーにはアシスタントの真麻アナのほか、ゲストに神田愛花アナ(38)、馬場典子アナ(44)、石井希和アナ(41)、吉田明世アナ(30)を迎え、人気フリーアナウンサー5人が勢ぞろい。女子アナトークに花を咲かせた。

 全員がフリーアナということで、気になってくるのは金銭事情。真麻アナは「(元フジテレビの)高島彩さんの話を聞いてたら、(会社員の時より)マルが1個違いましたね」と、なんとも夢あるコメントが飛び出した。

 ただ、「フリーって稼げると思ってたけど、あれ(高島)はスーパースター、エース級だからゼロが1個違う」と、あくまで特別な話である様子。さらに後輩の加藤綾子アナ(33)についても言及し「カトパン、私の7倍。私は身の丈でこんな感じ」と自虐的に自身の現状を語った。

 とはいえ多数のレギュラーを持つ真麻アナとあって、MCの有吉弘行(44)は「(真麻アナは)これで稼ぎすぎよ」と力説。「いやいや」と謙遜する真麻アナに対し、「まさか越後製菓のCMすると思わなかった」と、高橋英樹(75)との親子共演にツッコミを入れていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月20日のニュース