NGT48のラジオ番組「これからも応援していく」 新支配人らから番組側に暴行事件の現状報告

[ 2019年2月2日 22:09 ]

「NGT48」の山口真帆
Photo By スポニチ

 NGT48のラジオレギュラー番組 新潟県民エフエム放送「PORT DE NGT」(土曜後9・00)が2日に放送され、メンバーの山口真帆(23)が男2人に暴行被害を受けた事件について言及。番組側は、先月新たに劇場支配人に就任した早川麻衣子氏(44)らから事件についての現状報告があったことを明かし、「これからもNGT48を応援していく」とコメントを発表した。

 番組冒頭で、先週になって新支配人の早川氏、AKBグループを運営するAKSの松村匠取締役らが同局を訪れ、事件についての現状報告を行ったことを発表。番組ナビゲーターを務める構成作家・関谷“ARARE”明子さんが「それを受け、番組プロデューサーからはメンバーを守っていただくことをお願いし、改めて『PORT DE NGT』はこれからもNGT48を応援していくことをお約束させていただきました」とコメントした。

 グループは先月15日未明、今村悦朗前支配人の事実上の更迭となる異動を発表。前SKE48マネジャーの早川氏が新支配人に就任した。今月1日には、山口の暴行事件について調査する三者委員会を設置したことをグループの公式サイトで発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月2日のニュース