中川パラダイス「困った」事務所からの仕事激減…それでも“副業”で月収40万

[ 2019年2月2日 11:25 ]

お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の中川パラダイス
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の中川パラダイス(37)が1日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。昨年の秋ごろに行ったSNSを利用した副業で月40万円程度の収入があったことを告白した。

 パラダイスは昨年9月6日から10月31日まで「真っ白なスケジュールを皆さんのご依頼で真っ黒に変えよう!!」と題した企画を実施し、ツイッターで一般人から仕事依頼を募集。「吉本(事務所)の仕事が激減して、困ったなと思ってツイッターで一般の方からお仕事募集したんです」と企画趣旨を説明し、「3000円以上なら草むしりでも犬の散歩でもなんでもやりますってやったら、3日くらいで(依頼が)120件とか」と反響が大きかったことを明かした。

 仕事の依頼の内容はさまざまで、「髪の毛の色を変えたんですけど、これも美容師さんから『中川パラダイスさんをオシャレにしたいんだ』ってことで3000円をいただいて、髪の毛を切ってもらって色も染めてもらった」とカットモデルの仕事や、話し相手になるだけの時も。「3000円以上であれば言い値なので1万円くれる方もいらっしゃいますし、バラバラですけど月30〜40万はいっているんじゃないですかね」と“副業”での月収も告白した。

 中には難しい依頼もあったようで、「大阪のカレー屋さんのおじいさんがいるんですけど、跡継ぎがいてないらしくて…。『中川パラダイスさんに味を伝授するので好きにしてください』って5000円で依頼を受けたんですけど、ただ教える時間が2時間だったのでお店の味って2時間で学べるのかなって心配はありますよね」と苦笑いを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月2日のニュース