TOKIO城島 嵐のファンとの一体感を絶賛 活動休止まであと2年「僕たち先輩も負けていられない」 

[ 2019年2月2日 08:06 ]

TOKIOの城島茂
Photo By スポニチ

 TOKIOの城島茂(48)が2日放送のテレビ朝日「週刊ニュースリーダー」(土曜前6・00)に生出演。同じジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「嵐」が2020年12月31日をもって活動休止することについて言及した。

 嵐の活動休止について、城島は「(発表)当日びっくりしました。会見拝見させて頂きましたけど、嵐のチームワークの良さ、団結力が素晴らしいなと思いました」とコメント。「ミュージックステーションでファンの皆さんの前で歌ってましたし、ファンの皆さんとの一体感、素晴らしい関係を作っている。あと2年ですけど頑張ってほしいなという思いと、僕たち先輩も負けていられないなという思いがあります」と語った。

 「嵐」は先月27日、2020年いっぱいで活動休止することを発表した。期間は無期限。リーダーの大野智(38)が脱退の意向を示し、メンバー5人で話し合いを重ねた結果、グループ活動休止の結論に至った。同日夜には5人そろって会見を行った。結成20周年となる人気絶頂のグループの電撃発表に衝撃が走った。1日にはテレビ朝日「ミュージックステーション 3時間スペシャル」に生出演し、活動休止発表後初めて5人そろって2曲を歌った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月2日のニュース