新井浩文容疑者を強制性交の疑いで逮捕 自宅でマッサージ店従業員に乱暴 「性的サービス禁止」にサイン

[ 2019年2月2日 05:30 ]

強制性交の疑いで逮捕された新井浩文容疑者
Photo By スポニチ

 警視庁捜査1課は1日、自宅で女性に乱暴したとして、俳優の新井浩文(本名・朴慶培=パク・キョンベ)容疑者(40)を強制性交容疑で逮捕した。昨年7月、都内の自宅で派遣型マッサージ店の女性従業員に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した疑い。容疑を大筋で認める一方、「押さえつけていない」とも供述している。人気俳優の逮捕に衝撃が広がった。2日に送検される。

 午後0時半ごろ、警視庁の捜査車両で東京都千代田区の警視庁本部に入った新井容疑者。後部座席に座り、動揺した様子はない。車の窓の外から質問をする記者に視線を送ることもなく、表情ひとつ変えなかった。

 警視庁はこの日午前9時から、事件現場となった東京都世田谷区内の新井容疑者の自宅マンションを家宅捜索。その後、本人を警視庁本部に任意同行し事情聴取した。

 逮捕容疑は昨年7月1日未明、自宅に派遣された30代の女性セラピストに、施術中に頭を押さえつけるなどの暴行を加え、乱暴した疑い。容疑を大筋で認める一方、「押さえつけていない」「やったこともあれば、やっていないこともある」などとも供述している。

 捜査1課によると、店側は施術前に「性的サービスは禁止」と利用者に伝え、書面へのサインを求めている。新井容疑者も昨年3月の初回利用時にサインしており、調べに対して「性的サービスが禁止されていることは分かっていた」と説明している。

 新井容疑者はマッサージマニアとして有名。ツイッターに「4人同時にマッサージしてもらいたい」と書き込んだこともある。16年に映画の撮影現場にマッサージサービスがあった時にも「マッサージ呼ぶなら女性にしてください。がっかりですよ」と冗談交じりにつぶやいた。今回の店は事件当日が4回目の利用。被害女性とは初対面で、新井容疑者が写真指名していた。

 所属事務所はホームページで「誠に遺憾で、被害者の方や関係者の皆さまに深くおわび申し上げる」とコメントした。新井容疑者は事件前日の6月30日午前に、ツイッターに「夜は寿司の約束してる」と書き込んでいる。事件後の7月1日午後は、麻雀番組を見ていることをつぶやいており異変があった様子はなかった。

 新井容疑者は「血と骨」「アウトレイジ ビヨンド」など映画を中心に活躍する実力派。16年には映画「百円の恋」で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。今年も主演作を含む映画2本が公開予定だが、公開は困難な状況となった。

 ≪半年前に被害届…影響力考慮し捜査1課が担当≫半年前に被害届が出された直後から新井容疑者は警視庁捜査1課の事情聴取を受けていた。捜査1課は殺人や強盗、放火など凶悪犯罪を扱うが、性犯罪も担当している。世田谷署に被害届が出された事件を同課が扱っていることに、元警視庁麻薬・拳銃担当刑事の吉川祐二氏は「容疑者が芸能人であり影響力の大きさやメディア対策を考えた当然の判断」という。

 ◆新井 浩文(あらい・ひろふみ)1979年(昭54)1月18日生まれ、青森県出身の40歳。高校中退後に「有名になりたい」と19歳で上京。荒戸源次郎氏と知り合い、01年に映画「GO」でデビュー。02年に「青い春」で映画初主演。出演作に映画「ヘルタースケルター」「永遠の0」、NHK大河ドラマ「真田丸」など。1メートル81。血液型A。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月2日のニュース