古舘伊知郎「99人の壁」でクイズ番組解答者に初挑戦「司会で煽るのは得意でも…」

[ 2019年2月2日 07:00 ]

「超逆境クイズバトル!!99人の壁」で解答者として人生で初めてクイズ番組に挑む古舘伊知郎(C)フジテレビ
Photo By 提供写真

 フリーアナウンサーの古舘伊知郎(64)が2日放送のフジテレビ「超逆境クイズバトル!!99人の壁」(土曜後7・00)2時間スペシャルに出演。数々のクイズ番組で司会をしてきたが、人生初のクイズ番組解答者に挑む。

 俳優の佐藤二朗(49)がMCを務める視聴者参加型クイズ番組。自分の得意ジャンルを指定し「1対99」による早押しクイズ対決を行う。チャレンジャーが5問連続正解なら賞金100万円をゲット。1問目はブロッカーが25人、2問目は50人と増えていき、最終的には99人がブロッカーとなる「99人の壁」を打ち破らなければならない。

 古舘はNHK「クイズ日本人の質問」、TBS「クイズ悪魔のささやき」、テレビ東京「クイズ赤恥青恥」などで司会を担当。今回、初の解答者となったが「クイズ番組の司会だから当たり前なんですが、『さぁ、どうでしょう!答えてください!』とプレッシャーをかけて半ば人を脅迫するわけです。『さぁ、正解は?』と常に人を煽っているわけです。報道を長くやっていたから分かるんですが、報道する側は取材される側に回ると弱い。打たれ弱いんです。というのと同じで、司会で煽るのは得意でも、解答者に回るのは弱いんですよ。だから、自分でもビックリするぐらいに緊張しました」と感想。何のジャンルを選んだのか、生涯初のチャレンジが注目される。

 佐藤のMCぶりについては「司会者らしくない部分がとても面白い。我々アナウンサー出身の司会者にはない部分が気持ちいいんです」と絶賛。「佐藤さんはちょっとした間で、例えば『チーズ、好きですか?』とか聞くんです。解答者がビックリして『えっ?』という顔をしていると『今日、溶けるチーズを買って帰ると女房と約束していて。夜、2人でチーズフォンデュを食べるんです。仕事が終わってからの方が楽しみで、そっちに頭が回っちゃって。じゃあ、問題、行きますよ!』と。この辺は役者さんならではのフリートークで、緊張の中に緩和を作り出しているんです。これは佐藤さんならではの面白さだなぁと深く感じ入りました」と分析した。

 「99人の壁」の後、午後9時からは司会を務める「モノシリーのとっておき〜最強ビックリ映像祭2時間SP〜」。2日夜のフジは“古舘一色”になるが「今回の『モノシリ―』は人間、赤ちゃん、犬、危機一髪、超常現象と“ラーメン二郎”のようにごった煮になっていて、トッピングが多くあふれています。ご期待ください」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年2月2日のニュース