ゲス川谷 童貞20代へ応援歌、“経験”踏まえた歌詞に注目

[ 2019年1月10日 05:30 ]

相模ゴム工業とのコラボ曲「あっちゅーまやねん 人生」を作詞、作曲した川谷絵音
Photo By 提供写真

 「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(30)が、コンドーム製造大手の相模ゴム工業(本社・神奈川県)とコラボした草食系20代向けメッセージソング「あっちゅーまやねん 人生」を作詞・作曲した。10日から特設サイトで公開する。

 同社の主力商品「サガミオリジナル」の誕生20周年を記念したもので、コラボのきっかけは20代の童貞率が40%を超えたという同社最新のアンケート結果だった。高い数字が出た理由を調べると「断られたりするなど周囲の目を気にして躊躇(ちゅうちょ)する人が増えた」ことが分かったという。

 川谷は16年にベッキー(34)との不倫が騒動になり一時活動休止しながら、現在も良質な音楽で支持を集める。関係者は「本能のまま人を傷つけるのは許されないが、一方でやりたいことをやる尊さを若人に訴えたい」と説明。川谷は「いろいろあるよ。これから。でもあっちゅーまだから後悔しないようにね」と呼びかける。

 ♪きっと失う怖さを超える幸せ 誰にでもあるはずさ――など、人生経験を踏まえた歌詞が聴きどころ。演奏するバンドに川谷は参加しないが、11年に45歳年下の女性と結婚した加藤茶(75)がドラムで参加した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース