NHK会長 サブちゃん、ユーミン、サザンらに感謝「平成を歌で締めくくるにふさわしい紅白」

[ 2019年1月10日 15:55 ]

東京・渋谷区神南のNHK
Photo By スポニチ

 NHKの上田良一会長(69)が10日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、昨年大みそかの「第69回紅白歌合戦」について感想を述べた。

 「まずは全ての出演者の皆様に感謝を申し上げたい」と話し「北島三郎さんが5年ぶりに出演し、松任谷由実さんが突然NHKホールで歌い、サザンオールスターズさんの圧巻のステージでフィナーレを飾った。とても素晴らしい紅白になった。平成を歌で締めくくるにふさわしい紅白になった」と評価した。

 平均視聴率は関東地区で前年より2・1ポイント増の41・5%(第2部)を記録し、2年ぶりに40%台に回復したことには「多くの方々に喜んでいただいたのはうれしく思う」と同会長。印象に残ったシーンの一つとして、演歌歌手の三山ひろし(38)の歌唱中に、けん玉のギネス世界記録を樹立した場面を挙げ「ハラハラして見ていた」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース