藤山扇治郎 朝ドラ“意識”しシェフ姿で宝恵かご行列参加「気持ちよかった」

[ 2019年1月10日 13:58 ]

「宝恵かご」にシェフ姿で登場した藤山扇治郎
Photo By スポニチ

 松竹新喜劇・藤山扇治郎(31)が10日、大阪・今宮戎神社の「十日えびす」の恒例行事・宝恵かご行列に参加。「普段歩いている場所で籠の上。寒かったけど、気持ちよかった」と目を細めた。

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」(月〜金曜前8・00)では主人公・今井福子(安藤サクラ)の先輩調理師役・野呂幸吉を演じている藤山はシェフ姿で登場。「役名で呼んでもらえて嬉しかった」とニンマリ。2月下旬には「また、缶詰持って登場します」とPRした。

 昨年11月に元宝塚トップの北翔海莉(年齢非公表)と結婚。新婚生活の真っ只中だが、年末の12月30、31日に38・5度の高熱でダウン。だが「ご飯を作ってくれたり、心配してくれて。家庭を持ってホントによかった」と新妻の看護のおかげで2日間で完治し、1日からの「初笑い!松竹新喜劇・新春お年玉公演」には無事、出演した。「2人でゆっくり話をして。一緒に過ごせて嬉しい」とおノロケで締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース