山里亮太 前澤氏のお年玉企画に参加することを思いとどまらせた“アイツの影”

[ 2019年1月10日 23:00 ]

「南海キャンディーズ」山里亮太
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(41)が9日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「山里亮太の不毛な議論」(水曜深夜1・00)に出演。最近、自身の中でとある葛藤があったことを明かした。

 山里は先月に虫垂炎と診断されたが、多忙のためなかなか手術日の調整が付かず、もどかしい日々を送っている。そんな中、山里の耳に入ったのが、衣料品ネット通販ZOZOの前澤友作社長(43)がツイッターで実施した“総額1億円お年玉企画”だった。応募条件が「前澤社長のツイッターをフォローし」「記事をリツイートすればいいだけ」とあって、山里の中の“リトル山里”が顔を出してきたという。

 「100万円もらえるのかぁって思って」と欲が出まくりだったが、結局思いとどまることに。その理由は「クロちゃんがやってた」それだけだった。「あそこまでは落ちたくはない」「あの男とは同じことをしたくない」その一心だったのだ。

 結局、山里は応募することなく期限を迎えることに。「みんなにこれを還元してあげたいから」というもっともらしい大義名分を掲げ、キャラ通りのアクションをやりきった「安田大サーカス」クロちゃん(42)に対して、山里は「大ウソ。絶対違うんだから。キャバクラだよ、キャバクラ(に使うんだよ)」と負け惜しみとも取れる言葉を投げかけていた。

 一方、やり方はどうあれ3日間で550万人のフォロワーを増やした前澤氏に対して、山里は「何これ?凄いね」と素直に才能を認めている様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース