M―1王者・霜降り明星 新たな決意「吉本の顔として活躍」 宝恵かご行列に参加

[ 2019年1月10日 11:52 ]

今宮戎神社の「十日えびす」で宝恵かごに乗る霜降り明星のせいや(中央)と粗品(手前右)
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ・霜降り明星が10日、大阪・今宮戎神社の「十日えびす」の恒例行事・宝恵かご行列に参加した。

 「M―1グランプリ2018」で優勝した粗品(26)は18年を振り返り「ボクたちにとって特別な1年となりました」と満足そうな顔。「今年はさらに飛躍して、吉本の顔として活躍できるよう頑張ります」と決意を新たにした。また、せいや(26)は「昨年はザ・ぼんち師匠とか、オール阪神巨人師匠、カウス・ボタン師匠らが(宝恵かごに)乗られました。ボクら若手になりましたので、おめでたいスタートにできたので、今年1年頑張ります」と活躍を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース