71歳小田和正“走り抜いた”全国ツアー最終公演「楽しかった」

[ 2019年1月10日 06:00 ]

ツアーで走る小田和正(撮影・菊地英二)  
Photo By 提供写真

 シンガー・ソングライターの小田和正(71)が9日夜、大阪市の大阪城ホールで、昨年5月に70歳でスタートした全国ツアーの最終公演を行った。

 地震の影響で中止になった6月の大阪公演の振り替え公演。1万1000人の観客に「今日来られなかった人もいるだろうけれど、それぞれの場所で応援してくれていると思う」とあいさつした。

 ツアーのアンコール公演が5月14日の横浜アリーナを皮切りに行われることが決定。5会場10公演で約10万人を動員する予定で、完走すれば、これまでと合わせて全国23会場58公演で計約50万人を動員することになる。

 小田は「今年は、いのしし年で、年男。今日は平常心でいようと思ったけれど、とても楽しかった」と満面の笑みを見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2019年1月10日のニュース