棋聖戦で珍事 対局室に「避難訓練の放送」流れる 対局者が避難し一時中断

[ 2018年7月17日 12:19 ]

<棋聖戦第5局>羽生善治棋聖(奥)と豊島将之八段(手前)
Photo By スポニチ

 羽生善治棋聖(47)に豊島将之八段(28)が挑む将棋8タイトル戦の一つ、ヒューリック杯棋聖戦5番勝負は17日午前9時、東京都千代田区の都市センターホテルで最終第5局が開始。対局中に対局室に避難訓練の放送が誤って放送されてしまったため、警報音が鳴り響き、豊島八段らが避難するアクシデントが起きた。

 午前10時45分過ぎ、羽生棋聖が離席した局面で、対局場に大音量で警報音が流れ、豊島八段は辺りを見回した後に部屋から避難した。対局を生中継していたAbemaTVの放送では豊島八段が「出ますか」と記録係と相談する声が拾われていた。

 結局、同10時47分から49分まで時計を止めて、対局が一時中断。関係者によって問題がないことが確認されたため、対局が再開した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース