「別に…」から11年 沢尻エリカが騒動を改めて謝罪 “被害者”タカトシも「緊張」

[ 2018年7月17日 08:39 ]

沢尻エリカ
Photo By スポニチ

 女優の沢尻エリカ(32)が16日放送のテレビ朝日「帰れマンデー見っけ隊!!3時間SP」(月曜後7・00)に出演。「別に…」などと受け答えし批判を浴びたイベントから11年、沢尻自身が騒動を改めて謝罪した。

 この日は中山秀征(50)、タカアンドトシも出演。この4人は騒動となったイベントが行われた前日の生放送番組で共演しており、トシは「俺は結構この並び緊張している」と戦々恐々。中山が「あれの前日、この顔ぶれで生放送だった。エリカちゃんがタカトシが好きらしいので、それならば呼びましょうって言って、タカトシに隠しゲストとして登場してもらって、(沢尻に)『どちらが好きですか』って聞いたら『どちらでもない』って…」と当時の状況を説明した。

 トシは「その前からスタジオはバチバチでしたから。入っていけないですよ。おトンガリになられていましたから」と緊張感を振り返り、中山も「まもなく試合終了のベンチみたいに厳しい表情だった」と笑わせた。

 最後に中山が「実は申し訳なくて、もっと聞き方があったんじゃ…と思っている部分もある」と頭を下げると、沢尻はすかさず「すみませんでした」と謝罪していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース