ミスマガジンGPに15歳・沢口愛華 あこがれは高畑充希

[ 2018年7月17日 18:01 ]

<「ミスマガジン2018」>(左から)佐藤あいり、寺本莉緒、沢口愛華、岡田佑里乃、池松愛理
Photo By スポニチ

 週刊ヤングマガジンで行われる読者投稿形式のグラビアミスコンテスト「ミスマガジン2018」が17日、都内で発表され、沢口愛華(15)がグランプリに輝いた。沢口は「グランプリ本当に本当にうれしく思います。みなさんを後悔させないようにがんばっていきますので、応援よろしくお願いします」と語った。

 ミスマガジンと言えば、斉藤由貴、倉科カナ、中川翔子らを輩出した同誌の名物コンテストで、7年ぶりに復活した。将来について聞かれた沢口は「高畑充希さんにすごくあこがれているので、そんな女優さんになりたいと思っています」と夢を語った。

 「ミスマガジン2018」のスペシャルアンバサダー・浅川梨奈(19)は「この子はきっと賞を獲るって思った。最年少高校1年生、高校生のグラビア枠はぽっかり空いているところなので、沢口さんはきっと各方面で活躍していくのではと思っています」とエールを送っていた。

 応募は2893名。ほかに「ミス週刊少年マガジン」には岡田佑里乃(19)、「ミスヤングマガジン」には寺本莉緒(16)、読者特別賞に池松愛理(21)、審査員特別賞に佐藤あいり(21)が選ばれた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース