松坂12年ぶり出場 球宴第1戦 平均視聴率は昨年上回る11・6% 瞬間最高は筒香弾14・0%

[ 2018年7月17日 09:04 ]

<全パ・全セ>初回無死、秋山(左)に先頭打者本塁打を浴びる松坂(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 テレビ朝日系で13日に生中継された「プロ野球マイナビオールスター第1戦」(後7・00)の平均視聴率が11・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

 昨年の第1戦の平均視聴率は10・3%で1・3ポイント上回った。瞬間最高は午後7時51分、筒香が本塁打を放った場面と、午後8時52分、デスパイネが決勝タイムリーを放った場面の14・0%だった。

 中日・松坂が全セの先発として登板。12年ぶりの球宴出場に注目が集まったが、1イニングを2被弾を含む4安打5失点で無念の降板となった。その後、全セが3回までに5点差を追い付いたが、全パが同点の6回、代打のデスパイネが決勝の適時打を放ち、7―6と前セに先勝。3回までに両軍合わせて5本塁打が乱れ飛ぶ打撃戦を制した。

 14日の「第2戦」(同局系、後6・30)の平均視聴率は9・8%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース