田中圭、“おっさんずラブ”人気に感謝も「自分自身は何も変わらず」

[ 2018年7月17日 14:37 ]

プロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見に出席した田中圭
Photo By スポニチ

 俳優の田中圭(34)が17日、都内で行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ」発足会見に出席。テレビ朝日系ドラマ「おっさんずラブ」の主演きっかけに、過去に発売された写真集の重版が決定するなど“フィーバー”をみせているが、田中は「自分自身は何も変わらず。自分のできることをただ淡々とやっていくだけです。感謝はあれど、本当それぐらいです」と謙虚にコメントした。

 2018年10月に開幕するプロ麻雀リーグのサポーターとして登壇した、麻雀好きの田中と、本郷奏多(27)。麻雀を始めるきかっけについて聞かれると、田中は「小学3年生の時、ゲームセンターで流行っている格闘ゲームは50円で人が並んでいたけど、麻雀ゲームは20円で誰も並んでいなかった。負けないかぎりずっと続くのと、勝つとコンピューターの中の女の子が洋服を脱ぐんですよ。なんだこのゲームはと思って1年くらいかけてルールを覚えました」と回想。

 麻雀を題材としたマンガ「アカギ」の実写ドラマ主演を務めた本郷は、麻雀にハマるきっかけは同作だったと告白。現在は、「誘っていただいてプロの方と打つことが多くなった。仲良くしていただいているプロの方もいる」と交友関係を明かした。

 「Mリーグ」は、麻雀の安全・健全なイメージの拡大と、プロスポーツ化を目的に発足。電通、テレビ朝日など7つのチームが参戦し、各80戦のリーグ戦を争う。優勝賞金は5000万円。8月7日にはドラフトが実施され、現在プロ団体に属するプロ雀士から各チーム所属の選手を決定する。

 田中は「きょうから本気でスタートしていく。立ち会えてうれしく思う」といい、本郷は「これから、より麻雀イメージが良くなっていくと思うので麻雀に関するお仕事もさせていただきたい。チャンスがあれば、どこかのチームの何かしらの広告に使っていただきたい。お願いします!」とさっそく呼びかけていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース