「週刊少年ジャンプ」32号をネット上で無料配信 西日本豪雨の影響を考慮

[ 2018年7月17日 14:10 ]

西日本豪雨の影響を考慮し、インターネット上で無料配信が始まった「週刊少年ジャンプ」32号の表紙(C)週刊少年ジャンプ2018年32号/集英社
Photo By 提供写真

 集英社は17日、今月9日に発売された「週刊少年ジャンプ」32号のインターネット上の無料配信を開始した。西日本豪雨の影響により、被災地を中心に配送に大幅な遅延や未達が発生したため、緊急措置を取った。

 同誌の公式サイトは「先日の西日本を中心とした豪雨の影響で、7月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ32号の配送に大きな影響がありました。被災地を中心に、配送が大幅に遅れる、あるいはお届けできないという状況が続いております。そこで今回、緊急措置としてインターネット上で、週刊少年ジャンプ32号を配信することにいたしました」と発表。「1人でも多くの皆様に作品をお届けできればと思っております。この度、被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます」と慮った。

 同誌の公式サイト上から今月31日まで閲覧可能。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース