豊島は初戴冠 31年ぶりタイトル保持者すべて異なる「群雄割拠」状態に

[ 2018年7月17日 18:59 ]

<棋聖戦第5局 羽生善治棋聖・豊島将之八段>対局室に入る豊島将之八段(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 将棋の棋聖戦5番勝負は17日、東京都千代田区の都市センターホテルで最終第5局が指され、挑戦者の豊島将之八段(28)が羽生善治棋聖(47)を下し、3勝2敗で棋聖位を奪取。豊島はタイトル戦5度目の出場で悲願の初戴冠となった。敗れた羽生は竜王の1冠に後退。タイトル獲得100期到達は10月開幕の竜王戦7番勝負以降に持ち越された。

 豊島棋聖の誕生により、将棋界は8タイトル保持者がすべて異なる群雄割拠状態に。7タイトル時代の1987年(昭62)に7棋士が分け合って以来、31年ぶりの戦国時代到来だ。

 【2018年7月17日時点のタイトル保持者】

 ▼竜王=羽生善治(47)▼名人=佐藤天彦(30)▼叡王=高見泰地(25)▼王位=菅井竜也(26)▼王座=中村太地(30)▼棋王=渡辺 明(34)▼王将=久保利明(42)▼棋聖=豊島将之(28)

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年7月17日のニュース