イラストレーターの藤田香さん死去 47歳の若さで 「黒魔女さんが通る」挿絵など

[ 2018年7月17日 20:50 ]

「黒魔女さんが通る!!」(青い鳥文庫)の第1巻の表紙
Photo By 共同

 テレビアニメ化もされた石崎洋司氏の児童小説「黒魔女さんが通る!!」シリーズの挿絵など知られるイラストレーターの藤田香さんが13日午前6時45分、すい臓がんのため死去した。47歳。講談社「青い鳥文庫」の公式サイトで発表された。葬儀・告別式は近親者などで行った。

 同サイトは「みなさんにかなしいお知らせがあります。『黒魔女さんが通る!!』シリーズなどの挿し絵を描いてくださっているイラストレーターの藤田香先生が、さる7月13日6時45分お亡くなりになりました。すい臓がんでした。1年半のあいだ、希望をもってきびしい治療と向き合いながら、たくさんの絵を描き続けてくださいました」と報告した。

 「黒魔女さんが通る!!」は累計400万部を超える大人気シリーズ。藤田さんは「若草物語」シリーズや「秘密の花園」「聖書物語」などの名作の挿絵も担当。「青い鳥文庫」の公式キャラクター「あおぴー」も藤田さんが生み出した。

 「『青い鳥文庫はわたしの青春でした。』と言ってくださった藤田先生。読者のみなさんからのはがきやお手紙をとても大切にされていました。絵を描くのが本当に大好きで、病室でも楽しそうにチョコちゃんたちを描いていた姿が忘れられません。この先もずっと一緒にいろんなことができると思っていました。残念でなりません」と追悼。「いまは、病からも解放され、好きな絵を思うぞんぶんに描いていらっしゃることでしょう。『ほら、こんなのどうですか?」と、いつかそれを見せていただけることを信じています。13年間、ご一緒できたこと、楽しかったです。忘れません。ほんとうに、ありがとうございました」と感謝した。

 石崎氏は「いま、ぼくは翼をもがれたような気持ちです」と沈痛。「大切な人がなくなると、『空に輝く星になった』といったりしますね。でも、藤田さんはちがう。藤田さんは、本だなに輝く小さな星になったんだ。本だなの星になった藤田さんの輝きが、くもったりしないよう、ひとつひとつ、ていねいに磨くように、「黒魔女さんが通る!!」を書き続けるつもりです。それだけが、ぼくにできる、藤田さんへの恩返しです。藤田さん、いままで、ほんとうにありがとうございました!」と“盟友”をしのんだ。

 藤田さんはRPGゲーム「幻想水滸伝」のキャラクターデザインでも知られる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2018年7月17日のニュース