福澤・羽鳥両アナは不仲!?元後輩局アナが語る「必ず対極に座っていた」

[ 2016年12月5日 16:45 ]

元日本テレビの宮崎宣子アナウンサー
Photo By スポニチ

 元日本テレビのフリーアナウンサー、宮崎宣子(36)が4日放送のTBS系「旅ずきんちゃん」(日曜後11・30)に出演。古巣の福澤朗(53)と羽鳥慎一(45)の元両先輩アナウンサーについて「仲良くなかったのではないか」と推測した。

 「ワケあり女子アナを探る旅」と題し、宮崎、元フジテレビの宮瀬茉祐子(34)、元NHK山形の古瀬絵理(38)の3人が登場。宮瀬アナが当時のアナウンサー同士の関係について「オフにも飲みに行ったり、本当に仲が良い」と明かした一方、宮崎は「日テレはない。“幅広く仲良く”っていうのはなかった」と振り返った。

 また、宮崎アナは古巣の元先輩、福澤と羽鳥両アナの仲についても言及し「この2人は仲良くなかったんじゃないかな、何となく」と推測。その理由として、部内にいると必ず羽鳥アナが窓側で、福澤アナが廊下側と「対極に座っていた」とし「一緒にご飯を食べているのも見たことがない」と明かした。

 あくまでも個人的な見解としたうえで「あの2人、絶対何かあるんだろうな」。この推論に、進行役の「オアシズ」大久保佳代子(45)も興味津々。「ともにフリーになって、お互いライバルになって…。今、羽鳥さんが絶好調で、福澤さんがどう思っているのか。そこに桝(太一)アナウンサーも控えてる。日テレの勢力図が面白い」と男性アナウンサーの関係性が気になる様子だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月5日のニュース