佐藤浩市「LEADERS2」で“トヨタ車”熱血販売

[ 2016年12月5日 06:00 ]

TBSのスペシャルドラマ「LEADERS2」に主演する佐藤浩市(中央)。新キャストの内野聖陽(左)と山崎努
Photo By 提供写真

 俳優・佐藤浩市(55)が、TBSのスペシャルドラマ「LEADERS(リーダーズ)2」に主演する。日本の技術力で初の国産自動車を生産することを追い求めた人々を情熱たっぷりに描くドラマ。14年3月に放送された第1弾の続編で、来年3月に放送される。

 トヨタ自動車の全面協力のもと、史実に基づいたオリジナル作品。第1弾では、第2次世界大戦の前後に国産の自動車開発を目指した人々の姿を伝えた。第2弾ではストーリーの主軸が開発から販売の世界へと移る。

 佐藤が演じるのは「世界一の国産乗用車を作る」という夢にまい進する、「アイチ自動車」社長の愛知佐一郎。情熱と人間的魅力で製造部門、販売部門を引っ張る。今回は、後にアイチ自動車の販売店第1号となる輸入自動車販売店の支配人・山崎亘との出会いが大きく未来を変える。この山崎を新キャストの内野聖陽(48)が演じる。また、自動車部品の協力工場を束ねる男役で山崎努(80)も登場。

 製造部門と販売部門は時に反目しながらも、「国産自動車を世界中に走らせる」という同じ夢に向かって進んでいく。佐藤は「このチームで集まることは久しぶりですが、総移動距離が地球半周分に及ぶくらい、海外や地方での撮影が多かったこともあって、結束力が非常に強いチーム。そこで培った力が前作以上に作品に反映できると思う」とアイチ自動車さながらの結束に自信を見せる。

 内野は前作を見て「資源や技術のない時代に、最大の羅針盤は、情熱と大いなる夢のみ。この単純だけれど熱い血潮にやられてしまった」といい、「重圧も感じますが、それ以上に大きなやりがいを感じています」と話している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月5日のニュース