生田斗真 「土竜の唄」続編に絶対の自信「良い子の皆は鼻血ブーかも」

[ 2016年12月5日 20:55 ]

 俳優の生田斗真(32)主演の映画「土竜の唄 香港狂騒曲」(監督三池崇史、23日公開)の完成披露試写会が5日、都内で行われた。2014年の「土竜の唄 潜入捜査官REIJI」の続編。イベントはバトルプレミアと題し、第1作からのレギュラーと今回新たに加わったキャストとの対決形式で進行した。

 生田は、プライベートでも仲の良い瑛太(33)と借り物競争で対決。「香港っぽいもの」というお題に、詰めかけた約600人のファンの輪に飛び込んだ。生田はその中から「斗真くんに会いに来た」とこの日のために日本に来た香港の女性をゲット。「ありがとう」とハグするサービスも見せたが、香港で販売されている即席ラーメン「出前一丁」というレアものを見つけ出した瑛太に敗れ、納得のいかない表情を浮かべた。

 それでも、「スリル、興奮、お色気、アクションとレベルは2段も3段も上がっている。ものすごい大エンターテインメント作品ができた」と作品の出来には自信たっぷり。そして、「これを見ずに2016年は終われないし、2017年は始まらない。良い子の皆にも、鼻血ブーになるかもしれないけれど見てほしい。良い子の皆、男になろうぜ」と声高らかにアピールしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月5日のニュース