松平健 長谷川純に自慢 USJに「行ったことありますよ」

[ 2016年12月5日 09:17 ]

大阪市内の舞台あいさつでビリケンと“共演”した松平健
Photo By スポニチ

 俳優の松平健(63)が4日、大阪市内で主演映画「浅草・筑波の喜久次郎 浅草六区を創った筑波人」の舞台あいさつに登場した。

 東京の下町・浅草が舞台の同作にちなみ、大阪の下町にそびえる通天閣の“幸福の神様”・ビリケンも登場。松平は足の裏をなでて、ヒットを祈願した。大阪には「26歳から舞台でよく来ている」と慣れ親しんだ街であることをアピール。「4年ぶりの大阪。USJにも行ったことがない」と告白する共演の長谷川純(31)に、「僕は行ったことありますよ」と自慢げに話し、笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年12月5日のニュース