阪神がソフトバンクに連敗 ビーズリーが2被弾 近本が1番復帰も打線つながらず

[ 2024年6月15日 21:10 ]

交流戦   阪神2ー6ソフトバンク ( 2024年6月15日    みずほペイペイD )

<ソ・神>5回、笹川にプロ初本塁打を浴びた阪神・ビーズリー(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神がソフトバンクに完敗を喫した。13試合ぶりに1番に近本を据え、4番には4月14日中日戦以来となる佐藤輝を起用。5番に前川を置く新打線で臨んだ一戦でも、打線爆発とはならなかった。 試合結果

 先発・ビーズリーがいきなり崩れた。試合前時点で防御率0・69を誇る助っ人右腕が、初回2死二、三塁から近藤に先制3ランを被弾。5回にも先頭・笹川にプロ初本塁打を献上するなど、5回を持たず降板した。

 打線も東浜の前に沈黙。6回1死二、三塁から前川の一ゴロで1点を返すも、後続が倒れた。3番手・長谷川を攻めて形成した8回無死一、二塁も、2死から糸原の中前適時打で1点を返すのがやっとだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース