ドジャース由伸 9歳少年の始球式捕手役務め「凄く喜んでくれていたので良かった」

[ 2024年6月15日 01:30 ]

インターリーグ   ドジャース1-3レンジャーズ ( 2024年6月13日    ロサンゼルス )

始球式の捕手役を務めたドジャース・山本(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 来場者4万人に山本のボブルヘッド(首振り人形)が配布された。

 ドジャースではボブルヘッド配布日は、選手の家族が始球式を務めるのが一般的だが、山本は球団の公式SNSで希望者を公募。選ばれた9歳の少年は山本にそっくりの投球フォームからノーバウンドで投げ込み、大歓声を浴びた。

 捕手役を務め、笑顔で少年とハイタッチした山本は「凄く喜んでくれていたので良かった」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース