西武3連敗で2年連続の交流戦最下位が確定…高橋光成は球団ワーストタイの開幕から7連敗

[ 2024年6月15日 16:58 ]

交流戦   西武0―4DeNA ( 2024年6月15日    ベルーナD )

<西・D2>6回、ベンチの渡辺監督代行(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 西武が零敗を喫し、2年連続の交流戦最下位が確定した。

 4勝13敗となり、阪神が残り全敗したとしても勝率で上回ることができなくなった。

 先発の高橋光成は2回に山本祐大に左越えソロを許すと、3回には味方野選で追加点を奪われた。

 大崩れはしていないが5回にも1失点するなど、じわじわと失点を重ね、黒星につながった。

 高橋は開幕から9試合の登板で勝ち星なしの7連敗。開幕からの7連敗は球団ワーストタイの記録となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース