ヤンキース・バードゥーゴが古巣レッドソックス戦で先制2ラン ボストンの観客は歓声と悲鳴

[ 2024年6月15日 09:00 ]

ア・リーグ   ヤンキース-レッドソックス ( 2024年6月14日    ボストン )

初回に先制2ランを放ったヤンキース・バードゥーゴ(AP)
Photo By AP

 ヤンキースのアレックス・バードゥーゴ外野手(28)が14日(日本時間15日)、敵地でのレッドソックス戦に「4番・右翼」で先発出場。第1打席で先制の9号2ランを放った。

 初回2死二塁で相手先発・ベルの初球をかち上げ、中堅へ9号先制2ラン。昨季までレッドソックスの一員だったバードゥーゴの一発にフェンウェイ・パークの観客からは歓声と悲鳴が沸き起こった。

 バードゥーゴは両拳を握りしめダイヤモンドを一周すると、飛び跳ねながらチームメートとハイタッチ。古巣戦での一発に大喜びした。

 バードゥーゴはオフにトレードでレッドソックスからヤンキースに移籍。トレードマークだったふさふさのアゴひげを剃り落としたことでも話題となった。

 試合前には元同僚のディバースらと談笑するシーンも見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース