【春季東北大会】聖愛が仙台育英に競り勝ちベスト4進出!注目右腕・山口廉王は散る

[ 2024年6月15日 19:23 ]

春季東北大会準々決勝   聖愛7―6仙台育英 ( 2024年6月15日    仙台市民球場 )

仙台育英の山口
Photo By スポニチ

 聖愛(青森)が仙台育英(宮城)に競り勝ち、準決勝に駒を進めた。

 聖愛は内野安打と長打に犠打も絡ませながら効率良く点を奪った。4回からロングリリーフとなった吹田志道(3年)は6イニングを投げ、仙台育英打線の反撃を2点に抑えた。

 安打数は聖愛の8本に対し、仙台育英は13本と上回ったが、注目の右腕・山口廉王(3年)が5回6失点と攻略された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース