巨人・岡本和真が0―0の9回に決勝2ラン! 14戦ぶり一発に阿部監督も帽子を脱いで最敬礼!

[ 2024年6月15日 20:45 ]

交流戦   巨人2―0日本ハム ( 2024年6月15日    エスコンF )

<日・巨>9回、2ランの岡本和(左)に阿部監督は最敬礼(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人の岡本和真内野手(27)が15日の日本ハム戦(エスコンF)で14試合ぶりとなる決勝11号2ラン。チームのBクラス転落危機を救った。

 「4番・一塁」に入って先発出場。0―0のまま迎えた9回だった。

 無死一塁で入った第4打席。相手先発右腕・金村が投じた初球だった。

 真ん中高めに浮いた直球を叩くと、打球はライナーで左中間スタンドへ突き刺さった。好投を続けるグリフィンにようやく届けた9回の先制、そして決勝アーチ。ダイヤモンドを一周してベンチに戻ると、元4番の阿部慎之助監督(45)も帽子を脱いで最敬礼で主砲を出迎えた。

 岡本和の本塁打は5月30日のソフトバンク戦(東京D)で相手先発右腕・東浜から交流戦通算30発目となる今季10号2ランを放って以来14試合ぶりだった。

 7日から9日まで本拠・東京ドームで行われたオリックスとの3連戦で計10打数無安打。3試合13打席連続無安打となり、チームも同一カード3連敗を喫した。

 11日から13日の楽天戦(楽天モバイル)では12日の第2戦で5試合19打席ぶりの安打と7試合ぶりの打点をマークしたが、3連戦で計10打数1安打。チームも2カード連続の同一カード3連敗で、2022年8月以来2年ぶりの6連敗となった。

 23安打18得点で爆勝した4日のロッテ戦(東京D)では5打数4安打4打点と大活躍したが、その後は試合前までの9試合で合計32打数3安打の打率.093と苦しんでいたが、待望の一発。グリフィンは岡本和の一撃で開幕2戦目だった3月30日の阪神戦(東京D)以来77日ぶりの今季2勝目をマークしている。

 なお、試合後に阪神が敗れたため、巨人は今月8日以来7日ぶりにセ・リーグ2位に浮上している。

 ▼岡本和 ホームランになって良かった。続けて打てるように頑張りたい。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース