ヤクルト投手陣が今季最悪の19被安打で9失点と大荒れ 打線も13安打で3得点の拙攻でオリックスに完敗

[ 2024年6月15日 18:48 ]

交流戦   オリックス9―3ヤクルト ( 2024年6月15日    京セラドーム )

<オ・ヤ>3回、逆転弾を浴びたサイスニードは肩を落としベンチに戻る(撮影・中辻 颯太)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは投手陣が踏ん張れずに、敵地でオリックスに完敗を喫した。

 先発のサイスニードは、打線が1点を先制した直後の3回に1死一、三塁から太田に中前適時打を浴びて追いつかれると、なおも一、三塁で続く西川に3ランを被弾した。4回で95球を投げて9安打5失点と試合をつくれず「なかなかリズムの良い投球ができなかった」と悔しがった。

 6回は3番手・清水が4本の長短打を浴びて2失点。8回にはエスパーダがさらに2点を失い、終わってみれば4投手で今季ワーストの被安打19本、9失点と大荒れだった。打線も13安打を放ちながら3点止まり。

 14日のカード初戦は、2年ぶりの1軍復帰戦となった先発・奥川が5回1失点の好投で980日ぶりに復活の白星を挙げた。その勢いのまま連勝を狙ったが、ちぐはぐな試合展開で流れを継続できず。高津監督は「点を取ってもすぐその裏に取られるケースが3回あった。勢いに乗れそうで乗れない、追いつけそうで、何とかなりそうで何とかならない、という状況が続いてしまった」と嘆いた。

 きょう16日のオリックス戦が交流戦最終戦。勝てば貯金2で交流戦を終えることができる。指揮官は「勝って終わりたい」と前を向いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月15日のニュース