×

巨人・今村 5回零封で開幕ローテ当確ランプ 「左にシュートが効果的だった」

[ 2021年3月11日 05:30 ]

オープン戦   巨人1-1ソフトバンク ( 2021年3月10日    ペイペイD )

<ソ・巨>5回を投げ無失点に抑えた今村(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 巨人・今村が、10年目で初の開幕ローテーション入りに当確ランプをともした。オープン戦に初登板し、5回3安打無失点。宮本投手チーフコーチから「新今村」と称された。

 新たな投球スタイルを今村自身が分析した。「左にシュートが効果的だった。シーズンにも役立つ」。昨季から取り組み、今春ものにした「新球」を多投して左打者の内角を攻めた。中村晃を2打席連続で詰まらせ、4回は栗原を二ゴロ併殺。原監督も「覚えたのが大きい」と称えた。

 それだけではない。スライダーやカットボールの変化量を増加させた。宮本コーチは「今の時代は(変化量を)小さくするが、逆に大きくして制球力も良くなった」と解説。毎回走者を出しながらも粘りの投球につなげた。

 開幕ローテーションは菅野、戸郷、サンチェス、井納が既に当確。残り2枠を高橋、平内と3人で争ってきたが、宮本コーチは「井納の上に行ったかもしれない。私の中で当確」と高く評価した。

 キャンプでは計1020球を投げ込んだ左腕。昨季の日本シリーズで2回途中4失点と打ち込まれた相手に「リベンジしようという気持ちで臨んだ」と臨み、好結果につなげた。(小野寺 大)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月11日のニュース